諸経費について

 
 

物件購入時の諸経費について

 

 

利用する金融機関によっても諸費用は変わります。

お客様の一番ご要望に合った金融機関をご提案いたします。
リフォームローンや諸費用ローンもございます。
 
一般的な諸費用のご紹介
 

①契約書印紙代

物件価格(税抜) 5000万円未満 5000万円以上
契約書印紙代 10,000円 30,000円

契約書は1通作成することに税が課されます。契約書に印紙を貼付して消印をすることで納税します。

詳しくはこちらで参照することができます。
 

②住宅ローン保証料

金融機関により異なります。
埼玉りそな銀行で借入3000万を35年で組んだ場合。現在の多くは保証人を必要としない代わりに、金融機関の保証会社へ保証料を支払うことで住宅ローン借入の保証をしてもらうことができます。
 
一括前払い型 618,420円
金利上乗せ型 0.2%を実効金利に上乗せします。
借入期間中の保証料として、全期間の保証料を一括で支払うのが「保証料の一括前払い型」ほか「融資手数料型」などもあります。
 

③住宅ローン事務手数料

都市銀行では33,000円(税込)
フラット35やネット銀行の商品等によって異なります。
詳しくはこちらで参照することができます。
 
 

④住宅ローン契約書印紙

借入額 1,000万超5,000万以下
印紙代 20,000円
 

⑤固定資産税・都市計画税の精算金

お引渡し日を基準に税額を365日で日割して清算します。
参考として、税額は草加市建売住宅敷地30坪物件価格4000万円で月々1万を目安に算出しております。新築住宅の減税措置や敷地の規模や建物によって異なるので詳しくはお問い合わせください。
 

⑥火災保険加入料

万が一に備え、火災保険や地震保険にご加入することでリスクヘッジします。当社はあいおいニッセイ同和損保株式会社の正規代理店なので、その土地にあった最適なプランをご提案させていただきます。
 

⑦抵当権の設定・所有権の移転、保存登記

土地の所有権移転登記や、新築の場合は建物の保存登記、抵当権の設定登記費用が必要になります。
司法書士の手数料、登録免許税、抵当権設定金額などによって変わります。
 

⑧表示登記料

表示登記は新築住宅の場合、表題部を作る登記手続きになります。土地家屋調査士に依頼します。
 

⑨仲介手数料

●一般的な仲介手数料・・・物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税
(例)物件価格3500万円の場合=1,198,800円
●エクスナビの場合・・・新築戸建て無料(0円)
※一部適応出来ない新築物件がありますので、無料にできるかお気軽にお問い合わせください。
 

⑨ローン代行料・書類作成費

住宅ローンを斡旋するための費用(ローン代行料)や契約書・重要事項説明書などの作成費をいただくことはありません。
 
<資金計画書ご紹介>
資金計画書は、概算にて算出しているため実際の金額とは多少ことなります。
この為、資金が足りなくなると困ってしまうため、実際に掛かる費用よりやや高めに算出しております。
例)3000万円の物件を購入した場合。
埼玉りそな銀行 借入期間35年 金利0.525%
 

 

※上記の金額は利用する金融機関、また審査の内容によって異なります。
 詳しい内容はお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
当社取引金融機関
(50音順)足利銀行・ARUHI・イオン銀行・川口信用金庫・きらぼし銀行・京葉銀行・埼玉縣信用金庫・埼玉りそな銀行・JA・じぶん銀行・常陽銀行・新生銀行・住信SBIネット銀行・全宅住宅ローン・大光銀行・千葉銀行・千葉興業銀行・中央労働金庫・ファミリーライフサービス・みずほ銀行・三井住友銀行・三井住友信託銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行、他20銀行以上のお取引があります。